探偵興信所にできること

 

探偵興信所っていったいどんなことができるんだろう?そんな疑問にお答えします。探偵興信所の調査について詳しく解説しています。探偵の調査手法、調査で得られる情報など探偵調査をご検討の方は、調査について正しく知り問題解決に役立てましょう。

探偵興信所の調査について

2024-02-07

2022-10-03

目次
探偵興信所の調査内容
探偵興信所の尾行調査
探偵興信所の張り込み調査
探偵興信所の聞き込み調査
探偵興信所の証拠収集調査
探偵興信所の住所関連調査
この記事のキーポイント
探偵の調査手法
探偵調査に必要なこと
探偵興信所から依頼者へのお約束
調査手法を詳しく解説
調査で判明する事実

探偵興信所の調査内容

探偵が行える3つの調査手法

探偵興信所は、個人または企業で起きる様々な問題やトラブルを、探偵調査を通じて解決へ導いています。民事上での問題解決が業務であり、刑事事件にかかわることは一切ありません。探偵は、依頼人より調査依頼を受け、情報収集を目的に「尾行」「張り込み」「面接による聞き込み」、その他これらに類する方法により調査を行うことが認められています。探偵興信所では、これらの調査手法を用いて、依頼人に必要な情報や証拠を収集しています。

 

尾行

対象者の行動を追跡し、「いつ」「どこで」「誰と」「何をした」かを詳細に調べ記録することが可能

張り込み

特定の場所に待機し、対象者の行動を監視することで、対象者が現れた場合、その行動を観察し記録することが可能

面接による聞き込み

対象者の関係者に対して直接面接し、必要な情報を収集し、記録することが可能

 

 

探偵調査は法律に従い、倫理観が必要になる

探偵興信所は、「尾行」「張り込み」「面接による聞き込み」といった手法を使い、法律や規制に従い、合法的に調査を行っております。また、探偵業務は専門的な業務であり、倫理的な観点や道徳的な観点、法律に従った適正な活動を厳守しなければなりません。

 

 

探偵興信所からのお約束

 

  • 【合法性の遵守】

探偵興信所は、法律や規制に従い調査を行います。違法な手段や不正な手段を使用することなく、合法的に調査をいたします。

 

  • 【プライバシーの遵守】

探偵興信所は、依頼者、対象者のプライバシーを尊重し、個人情報やプライベートな情報を適切に扱い、不必要な情報の収集や公開はいたしません。

 

  • 【公正な取引】

探偵興信所は、報酬や契約条件について明確に取り決め、適正な料金設定を行い、依頼人との間で公正な契約をいたします。

 

  • 【依頼人の利益を優先】

探偵興信所は、自らの利益や関係を優先することなく、依頼人の利益を最優先に考えます。

 

  • 【専門性の維持】

探偵興信所は、自らの専門性を維持し、業務に必要なスキルや知識を向上した上で、専門家とも協力を行い、問題に適切に向き合います。

 

探偵は法令に基づき調査を行います

はじめての方にも安心の探偵依頼を

探偵興信所一般社団法人は、はじめて探偵や興信所を利用される方に安心してご利用いただけるように、ご依頼の流れから調査内容まで分かりやすくご説明できるように心がけています。また、探偵業界全体の向上を目指し、探偵社のセカンドオピニオンとしても利用できるなど、調査依頼だけではなく誰でもお困りの際には利用できる社団法人を目指しています。

探偵興信所の尾行調査

尾行調査を解説

探偵興信所の尾行調査とは、調査対象者を追跡し、行動パターンや行き先を把握して情報や証拠の収集を行う調査のことです。探偵調査の中でも、最も多く使われる手法が尾行調査になります。尾行調査によって知り得なかった対象者の立ち寄り先、接触人物、行動状況などを把握することができます。

 

 

尾行調査の内容

尾行調査では、調査対象者がどこに行き、誰と会い、何をしているのかを確認することで、調査対象者の行動パターンや生活習慣、人間関係などを知ることができます。徒歩や車両などを使用します。対象者の立ち寄り先や接触人物の顔や服装、車両のナンバープレート、時間や場所など全てを記録し、調査報告書にまとめます。また、写真や動画などで証拠を収集することもあります。

 

 

尾行調査に該当する調査項目

尾行調査の手法を用いて行う調査項目は多岐に渡ります。主な調査項目としては、行動調査、浮気調査、素行調査、身辺調査、信用調査などがあります。調査対象者の日常の様子や行動を把握し、必要に応じた情報や証拠となる動きを確認・記録します。

 

 

尾行調査の目的

尾行調査は、様々な場面で活用される調査手法です。尾行調査を行う目的の一例をご紹介します。

 

  • 配偶者やパートナーの日々の行動を把握する
  • 会社の従業員や社員の行動を把握し、不正の証拠や防止を行う
  • 家出・失踪した人物の尾行を行い、居場所を特定する
  • 離れて暮らす家族の生活状況や様子を確認する
  • 情報漏洩などがないか確認するために、尾行し接触人物を特定する
  • 身の回りで異常が起きていないか確認する

 

 

尾行調査で判明すること

尾行調査で得られる情報には、下記の4つの項目が挙げられます。

 

  • 【日時】尾行調査によって、対象者が「いつ」活動しているかが判明します。行動を起こした日時や移動時間、滞在時間などを把握することが可能です。
  • 【場所】尾行調査よって、対象者が立ち寄った先や滞在先などが判明します。勤務先や自宅住所、関係先や飲食店など日々の行動パターンを把握することが可能です。
  • 【人物】尾行調査によって、対象者が接触した人物が判明します。異性関係や知人・友人、会社関係者など、実際に会った人物の特定と関係性の確認などが可能です。
  • 【行動内容】尾行調査によって、対象者が何をしていたかが判明します。単独での行動なのか、接触した人物と共にした行動なのか、その際に何をしていたのかといった事実確認が可能です。

 

探偵興信所の張り込み調査

張り込み調査とは

張り込み調査とは、特定の場所や人物を一定の期間監視することで、必要な情報や証拠を収集する調査方法となります。尾行調査と同様に多くの調査に使われる手法です。また、張込み調査は尾行調査と併用して活用されることが多く、尾行調査で判明した特定の場所において、張り込み調査を行い、必要な情報や証拠を収集します。

 

 

張り込み調査の内容

張り込み調査は、特定の人物や場所に密着し、その行動や状況を監視し、情報を収集します。探偵興信所では、浮気調査や不貞行為の調査、盗聴器の発見、ストーカー行為の防止など、様々な目的に使われています。

 

 

張り込み調査に該当する調査項目

張り込み調査の手法を用いて行う調査項目は、尾行調査と併用して行われるケースが多く、主な調査項目として、行動調査、浮気調査、素行調査、身辺調査、信用調査、ストーカー対策調査などで活用されます。依頼者の指定する場所や対象者が滞在している特定場所で監視を行い、必要に応じた情報や証拠を収集していくことに用いられます。

 

 

張り込み調査の目的

張り込み調査は、特定の場所で監視し、対象者人物や関係する人物の動向を確認する調査です。張り込み調査を行う目的の一例をご紹介します。

 

  • 特定の場所に誰が来ているか確認したい
  • 自宅に誰が来ているか知りたい
  • 単身赴任中の配偶者が浮気をしていないか調べたい
  • 従業員がライバル会社に出入りしていないか確認したい
  • 不正や横領をしている可能性があり、特定場所に出入りがあるか確認したい
  • 密会現場を抑えたい

 

 

張り込み調査で判明すること

張り込み調査で得られる情報には、下記の3つの項目が挙げられます。

 

  • 【日時】張り込み調査によって、対象者が「いつ」特定の場所に来たのかが判明します。出入りがあった日時や滞在時間などを把握することが可能です。
  • 【人物】張り込み調査によって、対象者が接触した人物が判明します。異性関係や知人・友人、会社関係者など、実際に会った人物の特定と事実確認が可能となります。
  • 【行動内容】張り込み調査によって、対象者が何をしていたかが判明します。プライベートや仕事で、一人での行動なのか、接触した人物と一緒なのか、その際に何をしていたのかといった事実確認が可能です。

 

 

探偵興信所の聞き込み調査

聞き込み調査とは

聞き込み調査とは、特定の人物に関する情報を収集するために、周辺の人々や関係者に対して直接、聞き取りを行う調査手法です。目的とする情報を得るために、実際に現地に足を運ぶ必要があります。また、聞き込み相手に正体を知られずに調査を行わなければならないため、経験が必要になります。

 

 

聞き込み調査の内容

聞き込み調査は、特定の人物や事案について、関係する人々から話を聞き、情報を収集していく調査です。目撃者や関係者、失踪人の行動範囲や友人・知人など、様々な内容に関して情報収集が行われます。

 

 

聞き込み調査に該当する調査項目

聞き込み調査は、必要な情報や手掛かりになる情報、証言を取るために行われる場合もあります。探偵興信所では、人探し調査、家出調査、失踪調査、信用調査など、様々な調査項目で聞込み調査を行っています。

 

 

聞き込み調査の目的

聞き込み調査は、特定の人物や事案について、周辺や関係する人々から話を聞き情報を収集していく手法です。聞き込み調査を行う目的の一例をご紹介します。

 

  • 特定の人物を探すために情報収集したい
  • 浮気の事実確認のため、関係者から話を聞いて欲しい
  • トラブルを解決するための情報を聞き出し欲しい
  • 目撃情報を得るために聞き込みを行って欲しい
  • 自社の風評や評判が知りたい
  • 信用度を確認するために聞き取りを行って欲しい
  • 本人には聞けない本当の理由を知りたい

 

 

聞き込み調査で判明すること

聞き込み調査で得られる情報には、下記の4つの項目が挙げられます。

 

  • 【信用度】聞き込み調査によって、対象者や自身、自社の信用度や評判などが判明します。
  • 【人物】聞き込み調査によって、対象者が接触した人物や目撃者が判明します。人を探す場合などには足取りの確認もできます。
  • 【事実関係】聞き込み調査によって、自身では聞けない事実関係や真相の裏付けが判明します。
  • 【情報】人探しや市場調査などで、知り得たい情報を収集していくことができます。

 

 

探偵興信所の証拠収集調査

証拠収集調査とは

証拠収集調査とは、問題やトラブルの解決のために、必要な情報や証拠を収集する調査手法です。個人や企業から依頼を受け、実施します。証拠収集調査は、主に民事訴訟などの法的手続きにおいて、重要な役割を果たすことがあります。また、企業の内部調査や個人的なトラブル解決などにも利用されることがあります。

 

 

証拠収集調査の内容

証拠収集調査では、特定の問題やトラブルに関して、物的・証言等の形で証拠を収集します。具体的には、盗聴器の発見・回収、不倫相手の特定、不正や横領の事実、著作権侵害の証拠収集などが挙げられます。証拠収集調査は、法的な訴訟やトラブル解決において、自らの主張を裏付けるための根拠として使われることが多く、そのために正確かつ信頼性の高い証拠が必要となります。探偵興信所では、専門的な知識や技術を駆使し、慎重かつ的確に証拠を収集しています。

 

 

証拠収集調査に該当する調査項目

証拠収集調査が必要な調査項目は様々ありますが、代表的なものとして、浮気調査、不正や横領の調査、企業スパイや情報漏洩調査、嫌がらせやストーカー調査、盗聴盗撮器発見調査などが挙げられます。

 

 

証拠収集調査の目的

証拠収集調査は、特定の問題やトラブルを解決するために証拠を収集していく調査手法です。証拠収集調査を行う目的の一例をご紹介します。

 

  • 慰謝料請求するための浮気の証拠が欲しい
  • 不正行為や不祥事を証明するための証拠が欲しい
  • 離婚調停や親権争いで有利になる証拠が欲しい
  • 盗聴盗撮器の発見をして設置者を特定したい
  • 近隣トラブルに関する騒音や嫌がらせ行為の証拠を収集したい
  • DVやハラスメント行為の証拠を収集したい
  • 交渉材料になる証拠を収集したい
  • 裁判で優位になる物的証拠が欲しい

 

 

証拠収集調査で判明すること

証拠収集調査で得られる情報には、下記の3つの項目が挙げられます。

 

  • 【事実】証拠収集調査によって、対象者の事実関係と証言の裏付けなどが判明します。
  • 【人物】証拠収集調査によって、対象者が接触した人物や目撃者を特手することができます。浮気調査の場合は浮気相手が判明します。
  • 【情報】証拠収集調査によって、事実確認の結果とは別に、事の経緯や手口や手法が判明します。

 

 

探偵興信所の住所関連調査

住所関連調査とは

住所関連調査とは、特定の人物や企業、施設などの所在地を特定したり、行方不明者や連絡が取れない人物の現在の所在地を特定するために行われる調査手法です。

 

 

住所関連調査の内容

住所関連調査とは、特定の人物や会社の住所に関する情報などを収集するために行われます。具体的には、住所確認調査、住所変更確認調査、行方不明者捜索調査、会社所在地調査など、対象者の住所や所在地などの情報を収集します。この調査は、人探しや行方不明者の捜索、不倫や浮気調査、債務者調査にも利用されることがあります。

 

 

住所関連調査に該当する調査項目

住所関連調査の手法を用いて行う調査項目には様々ありますが、代表的なものとして、人探しや行方不明者の捜索調査、債務者の所在確認、民事訴訟における相手方の勤務先確認、養育費などの未払いに対する居住地や収入源の特定などが挙げられます。

 

 

住所関連調査の目的

住所関連調査は、調査対象者の住所や所在地を特定する調査手法です。住所関連調査を行う目的の一例をご紹介します。

 

  • 行方不明や音信不通になっている人物の居場所を特定したい
  • 民事訴訟を起こしている相手の居場所を確認して裁判を進めたい
  • 遺産相続における相続人の居場所を特定したい
  • 養育費が未払いのため、新しい勤務先を特定したい
  • 配偶者の浮気相手の所在を確かめ、慰謝料請求したい

 

 

住所関連調査で判明すること

住所調査で得られる情報には、下記の3つの項目が挙げられます。

 

  • 【所在】住所関連調査によって、対象者の居場所や住所を確認が可能です。
  • 【勤務先】住所関連調査によって、対象者が勤務している会社や収入源を確認することが可能です。
  • 【情報】住所関連調査によって、収集した居場所や住所から持ち主や貸主等の情報が収集することが可能です。

 

  • 記事作成者 記事作成者
    探偵S
    この記事を書いたのは、探偵業界22年の探偵Sがこれまでの依頼や調査経験を活かして、ユーザーの皆さんにとって有益な情報をわかりやすく作成しています。
    記事作成者プロフィール

お問い合わせ24時間対応

24時間無料相談・
お見積もりフォームFORM

お悩み、困りごと、調べたいことは、
24時間いつでも探偵がお答えしております。
  • ※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心ください。
  • ※送信後24時以内に回答が無い場合は0120-289-281までお問い合わせください。
  • ※お急ぎの方は 電話無料相談をご利用ください。
   
お名前(匿名でも可)
お住まい地域
ご連絡先(携帯または固定電話)
メールアドレス

※携帯アドレスはPCからの受け取り可能に設定してください

お調べになりたい事項
現時点での情報
依頼目的、希望・要望、その他
ご都合の良い時間帯

※返答を希望する時間帯をお知らせください

関連記事